よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

作り手には、伝えたい何かが、力が大きい。

ただいま西陣坐佐織の企画展を開催中。月曜まで。

 

9月にお会いしたばかりの佐竹さんに会う。

相変わらず元気で、出てくる言葉や会場で起こる事象が神がかる。

福の神のように、お客様を感動させたり、冗談を言って笑わせたり、

知識と経験と、今の私では対峙することのない様々な現場を、

戦いの場を生きぬいてきた、今もそうしてる、と。

70を迎えなお、若者になんぞ負けるかぃ、が伝わってくる。

 

エネルギーの総量が違う。と、度々感じてきたが、

 

作品を作り出すという「エネルギー」は、自分にはない。

作品を作り出したいと思ったことは何度もあるが、形にならない。

 

今回で確信したが、「エネルギー」のある人が作品を生み出す。

 

今まで何百と制作してきた人に備わっている、

もしくは制作する過程で、備わった「エネルギー」。

 

その「エネルギー」が、その人を通して、生み出した ”もの” に宿る。

 

そして、生み出された”もの” は、生み出した人と、繋がり続ける。

生み出して終わり、でなく、見えない糸で繋がり続ける。

 

 ”もの” は、お客様の元へ行く。

すると、生み出した人の「エネルギー」が送り込まれる、ような気がする。

 

「エネルギー」の総量が大きいから、

全国へ、たくさんの見えない糸を繋ぎ、送り続ける。

 

帯で例えると、「背中を押してくれる。」「一緒に頑張ろう。」

 

身につけて、自信を持って、着姿にうつる。

その姿を見る周りも幸せになる。

 

作品を生み出す人は、魅了する「エネルギー」が備わっている。

いや、なくてはならないんだと思う。

 

私も魅了された一人で、

 

今は、できるだけ多くの人にその「エネルギー」に触れて欲しいと願う。

 

今は当たり前に用意できる環境だとしても、

私の微力ではいつまでも続けられないのだ。

 

ただ 一度繋がると、

永遠に「エネルギー」は分けてもらえる。

 

消費されるモノと違う。ただ煌びやかなだけでない。

 

目に見えない大きな「エネルギー」まで頂いてほしい。