よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

やりたいことがないから、需要のあるとこにいける。

自分のやりたいことが、

世の中の役に立つのかどうかよく分からない。

 

ただの自己満足になる可能性がある。

しかし、世の中の役に立つことは大小の組織が用意する。

そこに属して役に立てばいいとも思う。

だから個人はやりたいことを突き詰める方がいい、という意見がある。

 

じゃ、やりたいことがない人は組織に属して働いて、

やりたいことがあれば趣味でいい。

 

って考えてたら、

やりたいことがない自分が焦る。

 

いや、

やりたいことがない、を強みに

需要を見極められるんじゃないだろうか。

需要を横目で見ながら、おもしろいことをしていたいと思っていたけど、

需要をもっと見られるようになりたい。

 

 

koyamachuya.com

好きな漫画に登場するモノを再現できたら幸せだろうなぁ。

 

小売側の視点で見ると、こんな考え方を持ったメーカー担当者がいるってだけで

 扱う理由になるなと思った。

 

これからの零細小売業は「人」をみるべきだ。

 それがメーカーの人か、作っている本人か。

小売業のワクワク先が見えた気がした。