よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

もう戦いは始まっている。

うちには食器洗い機がある。

キッチンが狭いのでとても不釣り合い。

買ったのではなく、いただきものです。

 

ものを大事にする妻にとっては、

処分される前のそれを見捨てられなかったのか。

いただく前に

「冬の水道代やガス代がだいぶ安くなるらしいよ!」

「ガラスの水アカとかもキレイになるんだって!」と、ネットで調べまくってた。

 

使用するようになって楽になった。

1日1回、2人分の食器を詰め込んで、洗剤入れてスイッチ押すだけ。

 

洗浄する間の音が大きくて気になるなぁと思ってはいたけど、

散々動きまくって洗浄してくれてる感が「コイツは油汚れもそんなに無い食器をどんだけキレイにするんだ」とつい感心してしまう。

 

仕上がって扉を開けると、高温で洗浄された後の湯気がパァーッと広がって、熱湯消毒もバッチリじゃん!このまま扉を開けておけば乾燥も早そうだ。素晴らしい!と、食器洗い機様様となってました。

 

 

しかし最近使わなくなっている。

洗剤使って普通のスポンジで手洗いしている。

洗った食器を一時的に置くアレの役割を

万能な食器洗い機が担っている。

f:id:ayarawat:20170916094416j:image

 

これはもしや、もう我が家では「人間 vs AI」が始まっているということなのかもしれない。

 

食器を手洗いさせてくれ〜、と私たちが執着しているのか!

機械の方が確実にキレイに洗うのに!

合理化が大好きな自分たちが、まさか逆なことするなんて!

AIに取られる仕事なんて仕方ないよね〜とか思ってるくせに!

 

働かせてください!という気持ちが強過ぎて、食器洗いをAIから取り上げてしまった。

 

いや、まだ答えを出すのは早い。

 

冬になれば、冷たい水を触りたくなくて、やはり食器洗い機を使うのだ。

夏は暑いから、冷たい水を触りたくて手洗いをしていたのだ。

 

この動向は今後も注視していきたいと思う。