よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

小さく小売業を続けるにあたって

f:id:ayarawat:20170813185108j:plain

本当は着物が売りたい!

 

色々考えてしまって売れなくなってしまっている。

小売業が辛くなってしまって、ただいま放棄している。

 

いろいろと着物に関する企画を打って販売してきた。

お客さんに買っていただけることがものすごく嬉しい。ありがたい。

 

だんだん私たちが販売する必要があるのか?と考えるようになった。

いろんな売り場があって、ネットでも実店舗でも競争しまくっていて。

こんなにモノが溢れているのに、売らないと生きていけないサイクルの中にいる。

 

お客さんを喜ばせることができると思って、

こんな帯や浴衣があるよ〜と紹介してきた。

 

でも、私たちが紹介せずともネットで紹介され、私たちが販売するより

価格も安くで買うことができるのだ。

 

こんなことがどんどん進んでいくことに対しては

自然の流れだとしか思わないからいいんだけど。

 

それを知ってしまってからは、お客さんに損をさせてしまうと気づいた。

もうやめてしまって、人手の足りない業種へシフトした方がいいんだろうけど。

まだもがいて小売業を続けたい。

小売業に未来はあるんだろうか?

ってほどにでっかい店でもないんだけど。

小さいなりに自由に生きる方法をとる。

 

小さく小売業を続けるにあたって、

私たちはまず、販売するものを絞ろう。

1.ネットには出てこない商品。を提案しよう。

2.ネットに出てたとしても、同じ価格で販売できる商品。を提案しよう。

3.まだこの世にない商品を提案しよう。(完全オリジナル品)

 

とすれば、扱う商品は今までよりも減ってしまう。

それなら販売する期間も絞る。(働く期間も絞る。)

<毎日、着物のことを相談できる店として店を開けていてもいいけど

いつ誰が来るかわからない場所でずっと待っているのは、時間が勿体無い。>

<今の時代なら、必要なとき電話やメールで約束がすぐ出来るんだから、

約束をして、お客さんが必要としてくれた時にだけ会う。>

<企画展の開催の時は、みなさんにお知らせして、その期間は誰でも会えるように>

 

で、それでも時間は空く。

次の新しいことを始めなきゃいけない。

 

次の時代にも選ばれたいから。

でも次に選ばれるのは、着物屋としてじゃなくてもいい。

 

着物も扱える、デザインもできる、写真も撮る、

草刈りもする、部屋掃除もする、絵も描く、金継ぎもする、

器も作れる、畑も耕す、

といういろんな武器を持った私たちが選ばれるように種をまく。

 

新しいこと、何しようかな。

 

その前に、お客さんに必要とされたい〜!誰か呼んでくれ〜!