よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

夏がもうはじまる

年間をとおして、着物のお仕事だけで生きていけたら幸せなんだろう

 

か??

 

着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

細部を季節や格で変えたりするけれど。

 

だから、素材が変わる。

 

夏の着物は、もちろん冬と同じ形。

だけど、素材が変わる。

 

夏ならではの「透け感」が重要になる。

夏は、「麻、透ける正絹、汗を吸いとる綿(浴衣)」

 

サラッとしている肌触り

爽やかな真っ白の帯や襦袢

風を通す紗や絽の生地

 

いつでもなんでも手に入る便利な環境が

暮らしを麻痺させていくから

 

その季節のものを楽しみたい。

植物も、枇杷も、蓮が咲いたりとか

 

鮮やかなアロハシャツは、どこでも手に入るんだろうけど

 

あれは沖縄の太陽の光、南国の夏の光だから良くて

関東、北の太陽の光では鮮やかすぎて目が痛い、

 

地域や環境に合った、鹿児島ならではのものを提案したいです。

 

広告を非表示にする