よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

着物屋の仕事は忙しいのか。

『父さんの若い頃は、「副業」って言葉があってなぁ、1人一社にしか所属できなかったんだぞ。副業禁止と言ってだな〜、』

と言うときが来たりして(子どもいないけど)

 

田舎の人々はいろんなこと出来た方がいい。

今日は着物屋の仕事があって、

明日は田植えがあって、

明後日は器の修繕しなきゃ、

次の日にデザイン仕事も〆切が迫ってる。

荒れた竹林も伐採してキレイに。

 

個人事業形態で、なんでも屋になるのか。

 

小さな町に、単発仕事依頼が集まってくるハローワークみたいなとこがあって、

いや、派遣会社(グッドウィルとか)のようなものがあって、その町の困りごと=必要な仕事が集まってくる。

そこに登録しておくと、「今、こんな仕事があります〜」と、スマホなんかにお知らせがくる。

 

自分たちが暮らす小さな町で、

自分たちが暮らしやすい町に作っていくような。

困りごとを解決して、対価を得る。

核家族の超高齢化社会はこれを許容するか。

最先端機器とかネットワークとか取り入れながら昔の暮らし方に戻っていくんじゃないか。

 

とか考えたりする。

 

 

私は着物屋なので、他のことはできません。

と言えるほど着物屋の仕事は忙しいのか。

 

忙しいほどお仕事があることは本当にありがたいことです。

 

でも、忙しくないときもある。

忙しくないなら営業まわれ。

組織にいたらそんな言われるだろう。

仕事ないときは他の仕事がある。

畑仕事がないときは、藁を編んで雪駄を作る。

 

お客さんが困ったときにいつでも来てもらえたら、と、お店を常に開けておくことが最も良いと分かってるんだけど。

忙しくないとき、他のことでお役に立てるならそっちで動いてもいいんじゃないのかなと思うんです。

「〇〇が入荷しました〜、△△がお安くなりましたよ〜」に違和感。

 

売るための営業、広告宣伝、新規開拓。

資本主義社会ですから必要だと分かってるんだけど。 

都会の着物屋は常にお店を開けた方がいいと思いますが。

 

私は逆に生きる。

いろんな能力身に付けて

田舎を楽しく生きるのだ。

 

と言いながら、都会の浴衣の企画展を開催してます。5/31まで。

 

ゆかた展

2017.5/26~5/31 (5/29は定休日)11:00~18:00

〒892-0821 鹿児島市名山町2-1レトロフト1F

 

f:id:ayarawat:20170528050843j:image