よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

これから先に蒔く

今の自分たちがなんとか生きていけているのは

過去の自分たちがそれなりに頑張ったんだろうなと、ふと思う。

じゃあ今の自分たちは、今をどう生きるか、

過去の自分たちに感謝しながら、

未来の自分たちを思って、種を蒔く。

種を蒔き続ける。

これをずーっと続ける。

明日のため、来月のため、来年再来年のため

今、ちゃんと生きよう。

f:id:ayarawat:20170526195352j:image

 

広告を非表示にする