よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

誰のためにでもは働かない

マイナス思考の自分が、ここ最近は上向きだ。

 

気持ちが上向きだ。これは旅のおかげだ。

 

2泊3日の旅をしてきた。気のおける友達と。

 

こんな大人になって、大学生の卒業旅行のような旅だった。

気持ち良くて、プラスになる旅だった。

この人たちと行くことができてよかった。

 

心が変わり、行動が変わり、日々が変わっていくはず。

モノ売りはほぼしないだろう。

必要な人に、必要なモノを、ちゃんと届けたい。

それが自分たちを頼ってくださるなら、できる限り対応しよう。

思いついたアイデアで、その人の喜ぶことができますように。

運を貯めていこうと思ってるんです。重版出来の社長さんのように。

 

わがままを言うと、誰のためにでもは働かないかもしれない。

私たちのできる最大限のサービスを、ちゃんと喜んでいただけるお客様のために

動きたい。なので、その人の困りごとを、ちゃんと対処できるお店が他にあれば

そこを紹介するだろうなと思います。着物だからって全て僕らでは対処できない。

 

着物も好みが様々ですし、どこに価値を見出しているか、それぞれあります。

自分たちと価値観が合う、雰囲気が合う人たちのために動くと、お互いが喜ぶ

形になるでしょう。

 

例えば、着物を低価格で始めたい人、多品種から選びたい人なら間違いなくネット通販で探すことをお勧め。私たちは同じ価格で提供できないし、多種揃えることができない。試着や生地感を試すことはできないかもしれないけど、それがネット通販。

うまく利用できれば良い買い物ができると思っています。

 

そうすると自然と私たちは高級呉服、お客様一人ひとりのために着物や帯などを揃えて提案して買っていただくことがメインです。私たちの感覚が好きな人は、ご満足いただけると思っています。

 

昨年悩んでいたことが少しずつ晴れてきて文書化できつつあります。

ちゃんと言葉に残す作業をしていこう。