よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

考えが偏りすぎると、うまく進まない

ここ最近は資本主義社会が壊れることばかりに焦点がいってた。

 

ショベルカーを製造した会社は、ショベルカーを販売しないと回らない。

 

ショベルカーを購入した会社は、ショベルカーを稼働させなきゃ回らない。

 

ショベルカーはどんどん山を切り開き、道路や更地をつくっていく。

 

空き家は増え続けるのに、新築向けの宅地も増えていく。

 

とにかくショベルカーを稼働させ、山を崩し、宅地にしなきゃ回らない。

 

必要以上にモノが溢れても、モノを作り続け販売しつづけないと回らない世の中。

 

自国での需要が減ってくると、作るのは減らさず、世界に販売していこうとする。

 

そんなシステムはいつか限界がくると思うのが普通じゃないのか〜。

 

日本は成熟社会で、人口減少社会で、少子高齢化な国。

 

お金持ちな老人の国。経済は上がっていく国じゃない。

 

そんな中増えていく「モノを買うってかっこ悪いよね」な人たち。

 

もういろいろと破綻しちゃうでしょ、と思ってしまう。

 

 けど、そんな考えに固執するのも面白くない。

 

バランス取ろ〜バランス。

f:id:ayarawat:20170303120606j:plain