よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

はたらくスタイルはかわる

ふと考えたことを文にしてみる。

会社は、人を雇用して経営していく。

売上アップをめざす。

人の雇用を増やすと人件費が増えるから

更に売上アップを目指す。

 

売上アップしてきたから人を増やして更に売上を伸ばそう、とか。

売上アップしそうだから、人を増やして効率上げよう、とか。

会社運営の上で考えていく必須なことです。

 

だけど雇用って、会社側からすれば固定費が増えるのが怖い。

ほんとにこれまで通り売上を作り続けられればいいけど。

 

なので派遣社員システム、派遣会社の仕組みは

会社側からすればありがたいものだ。

だから派遣会社は成り立ってるわけだし。

 

でも、派遣会社のシステムでももう怖いような気もする。

 

今後は、一つの事業に対して、個人が自分の能力で

その事業に関わっていくやり方なんでしょう。

 

もういろんな所で始まってるんだろうけど。

会社とかじゃなくて、起業して独立してる人達で、其々の責任で、事業を興し売上をつくっていく。その利益配分とかをどうするかとか、いろいろ前もって決めておいて。

 

そうすると、独立した人達の方が長〜い会議とかも密にシンプルにこなすだろうし、自分の収入直結だし、無駄が減るんじゃないかな。

 

たぶん、補助金とか予算があって、それを取り分振り分けて事業にするものは今までもいっぱいあるんだろうけど、

そうじゃなくてゼロから売上つくるような事業を個人事業者の集まりで、一つのプロジェクトを進めていくのがいいんじゃない。

 

組織力の良い面が、もうデメリットになってるような気がする。

 

もう出遅れてる感ありまくりだけど、

自分もそんな時代に向けて準備しよう。

 

生き方の変化と、働き方の変化。

時代に合わせられるよう身軽でいたいです。