よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

今後の営業その1

今後も呉服小売業を続けますが、

することしないことをもっと決めていこうと思ってます。

まず、ネットで買える商品は扱わないようにしよう。

大抵、価格の低い木綿等の普段着物になりますが、扱いが減るかと思います。

今までふだん着物の店としてスタートしてきたから心苦しいのですが

これからは「ネットが安いですよ!」と、どんどん紹介していこうと

思っています。相談はいつでも大歓迎でお受けいたします。電話してね。

ネットが安いもんで、お客さんは私たちにもその価格を求めてきます。

そりゃそうだ。なるべく安く購入したい。

しかし、ネット販売は、基本薄利多売。

商品一つ当たりの利益率は低く設定してある。

また、

 メーカー ⇨ 問屋 ⇨ 小売 ⇨ 消費者

の流通形態が、

 メーカー ⇨ 消費者

 メーカー ⇨ 問屋 ⇨ 消費者

の現代です。

私たちは価格を言われたら勝ち目ありません。

作り手と消費者を直接結ぶような動きはだいぶ前からある。

消費者はできるだけ価格を抑えて手に入る環境が整ってる。

この流れに異論とか唱えない。そりゃそうだと思ってる。

自然な流れと思ってる。いろんな分野で進んでる。

 

当たり前ですが、勝てるところで商売します。

もしくは勝たなくても生きていけるスタイルになります。

 

広告を非表示にする