よし、ちゃんとしよ。

代々受け継がれた着物屋でもなく、伝統も格式もないキモノ屋が書いてます。

着物のこと

昔からあるものを、自分のものにしていく。

裄があってないと、誰かの古いもののお下がり、という風に見られる。 自分用に仕立てたものではないから、裄が合わない。 また袖丈もバランスが悪い。それも自分用に仕立ててないのだから仕方ない。 理想は、自分の丈に直すこと。 直して、自分に合わせて、…

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

作り手には、伝えたい何かが、力が大きい。

ただいま西陣坐佐織の企画展を開催中。月曜まで。 9月にお会いしたばかりの佐竹さんに会う。 相変わらず元気で、出てくる言葉や会場で起こる事象が神がかる。 福の神のように、お客様を感動させたり、冗談を言って笑わせたり、 知識と経験と、今の私では対…

私という着物屋は偏っている。

私が思っていた「良い着物屋」とは何だったのか? ・「欲しい人に欲しいものをちゃんと届ける」 ・ 下品なことをしてはならない。 ・ 着物にふさわしい人になろう。 ・ この人から買ってよかったと思われる人になろう。 そして私が考えていたことは、 地方の…

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。 押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。 黒や紫のぼかしで妖艶さが出てる感とか苦手で。 自分がする…

やりがい感謝

先日、お客さま宅へ寄ったときのこと。 「この間、あの帯を結んで出かけたのよ〜」と 嬉しそうに写真を見せてくれた。 写っていたのは、単衣の着物に お買い上げ頂いた帯を合わせた着こなしでとてもステキだった。 こんなシーンに出会えることが嬉しい。 誰…

ブログが勉強になる。

ここ最近いろんな人のブログを眺めてて、この人の考え方とか文章とか好きです。 inkyodanshi21.com 今まで誰かのブログって読むことなかったんですが、 ブログって面白いんだなぁと最近ハマってます。 この隠居系男子さんのブログに入っちゃうと、リンク先に…

9月のポエム

毎月書いてるポエムです。9月っぽい文章を目指して書きました。 写真はちょうど9/9の重陽の節句に合わせて菊の帯を。

着物の好みも細部まで様々で言いたい放題。

テレビ欄の「着物の〜」が目に留まってチャンネルを変える。 NHKで「もう一度着物にチャレンジ!」って番組。 タンスの肥やしになるより、着ましょうよ!という感じだったかな。 二部式の帯や二部式の着物、半衿が付いたTシャツやマジックテープで着脱可能な…

裄と袖丈の関係

袖丈と裄のお話 私が知ってる着物の知識を記していこうと思います。 袖丈が長いほうが礼装になり、短いほうが普段向き。 袖丈が長いとドレスみたくなり、短いと動きやすいので普段っぽくなります。 着物の袖丈って、自由な長さで良いです。 通常は、女性もの…

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

(↑...小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。) 着物屋は、こんなお仕事もあります。 それは「お客様のお宅に眠っている反物を生かすこと」 昔の話を父から何度も聞いたのですが、 父が勤めていた呉服屋は、年末年始に…

着物屋がなくてもいい世の中

もう着物屋がいらない世界だよね〜、人によっては随分前からそうなんだけど。 今の世の中は「着物を着たいなぁ」って思えば、ネットで自分で調べて 買って仕立てて着られるはず。 着物は中古でも新品でも売ってるし、反物を買えば「着物 仕立て」で検索すれ…

シエンタのCMに出てきた振袖が良い!

www.youtube.com テレビをボーッとみてたら(←いかんいかん)ステキな振袖が目をかすめた〜。 調べてもどこが作ったかとか分からないよね〜。 どこが作ったんだろか〜、気になる〜。

7月のポエム

お客様向けのDMに、最近はひろしポエムを乗せて届けるようになりました。 私の着物に関することとかが伝わればいいなと思ったり、 季節ならではの着物あるあるが書けたらいいなと思っています。

倒れたけど、ちょっとだけプラス思考に

昨日、妻が店に出れないため久しぶりに私一人で店に出た。 外界と触れていなかったので緊張した。軽い引きこもり状態だったので。 40を目前にして、働かず身体を治すため一息入れられる環境に感謝。 はよ働かな!と焦っていた自分は半分くらいになった。 …

小売辞めたい病に良い着物売りたい病を併発中。

日曜夜20:00から真田丸のためTV前に陣取る。 見終わった後、すぐEテレに変えて 日曜美術館のアートシーンを見るのが好き。 全国の美術館情報が流れるのをただ眺める。 器や絵画のことは深く知らないが、 今よりも面白いものばかり。実物見たくなる。 久しぶ…

こんな気持ちで仕事してます。

着物に関する仕事を続けてきまして、約10年経ちました。 着物に関するサービスを介して10年は生きてこられたんだなと 振り返りありがたく感じます。 今後も着物を軸に商いを続けます。 私はたぶん、「ほそく、永く、」営業していくんだろう、 小さなままで縁…